記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

11/29(日) 日本子育て学会「子どもを取り巻くデジタル環境を考える」

日本子育て学会第7回大会2日目にで20分ほど指定討論で登壇をさせていただきます。テーマは、「知らないでは済まない高度情報社会〜デジタル家庭教育のススメ〜(仮)」です。●日時:11/29(日)13:30-15:30 ※原田登壇時間(予定):15:10頃〜約20分●会場:甲南女子大学 9号館912教室 (住所:兵庫県神戸市東灘区森北町6-2-23)●プログラム:「子どもを取り巻くデジタル環境を考える」甲南女子大学人間科学部総合子ども学科10周年記念...

続きを読む

子育て支援の原点

子育て支援、時短勤務などの制度については、義務教育終了時まで、段階的かつ家庭の事情を考慮するということで対応できる柔軟性を持たせると効果的と思います。原点に企業側(上司同僚含む)の理解が進まねば、今の地域社会が崩壊している日本の少子化問題解決の起爆剤にはならないでしょう。子育てをしたことがあればわかる苦労について理解していない人、恵まれた環境にいる人たちが中心になり制度作りをすることが間違っていま...

続きを読む

大人の常識、子供にとっては非常識

大人の常識、こどもにとっては非常識の典型例のような話が記事になっていたので紹介します。■「先生、この大縄跳び終わったら遊んでいい?」大人が勘違いしている遊びの本質https://conobie.jp/article/3934それだけ大人と子供との間で認識のずれが生じやすいのが、今の教育・育児の現場なのでしょう。何か一つの正しい答えを求めることに熱心なのが今の日本の教育環境ですが、本当に必要なのは、この子供のような感性だったりしま...

続きを読む

いじめ対策、まず家庭教育から

各所でいじめ対策が検討されていますが、それ以前に大切なことが一つあります。まずは家庭で「いじめはダメ」という教育を徹底することです。多くの家庭では、我が子がいじめる側に立つことを想定しておらず、「いじめはダメ」と頭でわかっていても我が子に教育的指導をすることは、殆ど無いと言ってもよいでしょう。稀に教育熱心もしくはいじめ問題に関わる機会があった保護者が、「いじめはダメ」という教育を子供にしていること...

続きを読む

大人の常識、子どもには非常識

大人の常識、子どもには非常識。大人の社会でも世代間の常識の違いがある。大人の世界は経験というものと大人の事情というものが判断を誤らせる。経験よりも直感の方が正しかったりもするからたちが悪い。おや?おかしいなぁと感じたら立ち止まって目の前のことを素になって見てみることをおすすめする。中途半端な経験から判断するよりもかなりの確率で正しい判断ができる。大人の事情でねじ曲げることがなければ。...

続きを読む

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。