記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混迷の自民党、困惑の宮崎県民

東国原宮崎県知事の我を自民党総裁候補に発言が
思いのほか波紋を広げているようだ。

当の本人が周囲の断りの口上だろうという反応とは裏腹に
本気ですと言い切ってしまったものだから更に波紋は広がる。

政治のプロがいないと言われて久しいが
まさにその実態をマスメディアを通じて白日のもとに
さらしている状況だ。

政治家の方々はもう少しプロとしての意識を持ち
言動は慎重になるべきだろう。

軽口をたたいたり、相手を蔑むような発言は言うまでもない。
不正を疑われかねない献金もしかり。

今回の件では宮崎県民の方々にも波紋が及んでいるようだ。

いずれは国政にというのは誰もが感じていたことだろうが
まさか一期目の任期途中に国政への転身の話が
出てくるとは思わなかっただろう。

宮崎はどうなるのか?
という不安が先に立ち、東国原知事の国政への転身意向には
半数(3/4)以上が反対という街頭調査の結果もある。

後任の問題もあるだろう。
これまで風呂敷を広げてきた知事の後釜で
収拾しながら成果を出していかねばならない重要な立場だ。

個人的にはその役割は東国原知事ではない人が適任だと
勝手に思っている。

現知事はバーッと広げたり話題を仕掛けるのは非常に得意だが
まとめて政治的な調整をするのは苦手ではないかと感じる。

裏の政治的な調整より正攻法で広げるのが得意だからこそ
県民をはじめ国民の身近な存在として支持を受けてきた
のではないだろうか。

今の自民党には彼を受け入れるだけの器は無いと思う。

国政は県政とは比較にならない調整があることを知っているが故の
自民党の次期総裁候補ポストを要求するという賭けに
出たのだと思うが、その賭けに乗るだけの度胸も度量も
今の自民党には無いことを見誤ったような気がしてならない。

これまでの実績を考えると自民党に躍らされてしまったことは
あまりにももったいない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。