記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識のギャップ

組織において経営者とその他の意識のギャップは大きい。

経営者と一般従業員はもちろんのこと、管理職、役員とも
意識には大きなギャップが存在するものだ。

特に創業社長の場合は顕著に現れる。

そしてこのギャップがすべて埋まることは決してない。

何故なら身銭を切って腹を括ってやっている経営者が
そうではない人に同じ意識でやれと言っても
到底理解を得られるものではないからだ。

経営者は想いがそこまで通じて欲しいという幻想を持つようだが
腹を括って経営したこと無い人に通じることは無い。
頭で状況が理解できても想いは未経験ではわからないからだ。

ここで大きな挫折の山がくる。

何故理解してくれないんだと。

発想を変え、はなから理解されないものだという前提で
いかに自分以外の人に気持ち良く動いてもらえるかという
環境創りにパワーを掛けた方が組織にとって益になる。

理解してもらうことを完全に諦める訳ではなく
そこに執着しない、過度の期待を持たずに
良い環境を提供して利用してもらうというくらいの
おおらかな気持ちを一面で持つことが良い結果に繋がる。

あとは率先垂範。
自らが行動して姿勢や想いを示すことが重要だろう。

価値観の違いをいかに自社に活かすか?
活かせるかどうかは経営者次第でもある。

周りに優秀な人がいないと嘆く前に、まずは自らのスタンスや
足元をしっかりと見つめ直してはどうだろうか。

課題解決の鍵は身近にあるものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。