記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東名完全復旧及ばずも半民力発揮

道路公団だったらここまで素早くは動かなかっただろう。
乗り継ぎで1000円維持の対応も早かった。

道路は命に関わるものなので開通ありきではなく
今回のように多少遅れてでもきちんと直すべきだと思う。

最近、高速のSAを利用して感じるのがサービスの質向上。
数年前と比較すると格段に上がっている。

話は変わって高速無料化。

高速の完全無料化自体は非利用者(車快所持含む)にも
税金という形で負担が及ぶ点で賛成しかねるが
(個人的には物流関係は無料化、一般は値上げでも良いと思う)
ETC関連の天下り団体が無意味に儲ける構造にも反対だ。

天下り団体ではなく国交省と環境省が共同で運営するか
(かなり乱暴で雑な話だが通行税と環境税扱いにしてしまう)
PFIというものを活用して民間に任せるかの
どちらかにした方がスッキリすると思う。
(PFIの場合は縦割り排除がしやすい)

長い目で見ると後者の方が良いとは思う。

今回の中日本高速?の対応が見せかけだけのものでなければ
高速道路は民間管理の方がサービスのレベルは高くなるだろう。

また、無料化による混雑での経済的損失や
環境面から車の利用を促進するのはいかがなものか?

様々なアイディアや不平等でも社会のために良い仕組みを
積極的に採用していくには既得権益にしがみつきがちな
役人根性(役人の方失礼!)は大きな阻害要因になると思う。

社会主義国ではないので平等を意識するよりも
よりよい社会にするために多少の区別があるくらいの方が
自然な気がする。

人は十人十色。
性格、趣味嗜好、考え方など様々な人がいるのが自然。

その全ての人達に一つの手段で平等にというのは
あまりにも非現実的でもある。

高速はAの人達を優遇するが、公共機関はBの人達を優遇する
といった柔軟な発想が必要だと思う。

税体系であっても縦割り排除(国交省と環境省の共同運営)と
不平等サービスの提供が問題無いのであれば
天下り先ではなく国交省および環境省が既得権益を越え
社会を良くするために一緒に取り組めば良い。

管轄や慣習、業界の常識や既得権益だけを気にしているうちは
社会に本当に良い仕組みにはならないものだ。

ほんのちょっとした発想の転換だけで良いのだが。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。