記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスメディアの偏向報道

時に世論誘導にも結び付く。
状況はかつての旧日本軍時代から大して変わっていないともいえる。

元々メディア教育が不十分な日本においては
メディアの情報を無条件に受け入れてしまう傾向が強い。

その中で横並び情報が飛び交うのだから世論が誘導されても
ある意味当然の結果とも言える。

また、揚げ足取り的な報道も多い。
鬼の首を捕ったかのごとく大々的に報道するのだが
普段から密に付き合いのある人の言葉の
揚げ足をジャーナリストが取ってはいけない。

一歩譲ったとしても揚げ足を取るのは一般人までだろう。
揚げ足取りなら誰でもできるのだから。(笑)

ジャーナリズムに携わる立場の方々は、発言の深堀に繋がる質問、
その発言の裏に潜む真実を追究することができる立場にある。

他人の記事を拝借したり、似たようなものを一生懸命
現場を低コストで酷使して造ってる場合ではない。

役割を果たさないのであれば、様々な特権は返上すべきだ。

テレビは誤差が数%はあるといわれる視聴率至上主義、
新聞は押し紙問題が取りだたされている中での発行部数至上主義が
大きな弊害をもたらしているのであろう。

マスメディアにはもっと健全化してもらわないと困る人もいる。
必要ないという人も徐々に増えてきているのだから
もっと危機意識を持ってもらいたい。

今のマスメディア離れは単なるコンテンツや時代の流れの問題ではなく
マスメディアの姿勢、スタンスに大きな問題があるのではないだろうか。

ちなみに、麻生首相の「昨秋なら、ここまで負けなかった」
という官邸での会談の発言が取り上げられていたが、
ここだけ見ると「何をいまらさ・・・」と思うだろう。

「首相は昨年9月の就任直後に衆院解散の時機を探ったが、
『政局より政策』を理由に先送りを続け、今年7月まで
解散に踏み切らなかった。
首相は『選挙をしていれば、世界同時不況に対応できなかった。
しないでよかった』とも語り・・・」

と記事を最後まで読むと見出しの印象とは少し違う意味で
とらえることができないだろうか。

見出ししか見ない人が持つ印象と、中身まで読んだ人の印象は違う。
単に読んでもらいたいからインパクトのある見出しを・・・
という安易な考えだと思うが、時に見出しの言葉だけが
独り歩きをしてしまうことがある。

見出しで先入観を持ち、中身を勘違い(早とちり)することも
一般的には多いことだ。

これを知った上であえてこの手法を用いているならば
かなり危険な香りがする。
潜在的、心理的な世論誘導だ。

ことマスメディアに関しては見出しにはインパクトよりも
中身を的確に表すフレーズを使ってもらいたいものだ。

もっとも受け手側の我々視聴者、読者がもう少し賢くなる
必要もあることは言うまでもない。

意識改革からなら直ぐに始められるのだから
できることから始めていこう。

マスメディアの体質は簡単には変わらない。

政治家もそんなマスコミを利用してきたのだから
発言には十分に注意すべきだ。

単語だけではなく文節まで考え、編集されて本意とは違う
誤解を与える報道をさせない注意義務はあるのではないだろうか。

外国語の勉強も良いが、日本語をもっと学んだ方が良いかもしれない。

まぁ、今回の麻生首相の発言は結果論でしかないので
何を今更というのはあまり変わらないかもしれないが。。。(苦笑)

マスメディアも民主党政権に決まると見えたあたりから
あからさまに自民党の揚げ足取りを始めたように感じるが
何か歴年の恨みでもあるのだろうか?単なる権力への擦り寄りか?
きちんと報道していただければ気にもならなくなるのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。