記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域という言葉で一括りにしてはいけない

各地域地域が抱える課題も待ち合わせる資源(特徴)も千差万別。

一つの地域のことを考えるときに必要な視点。

・住む人の視点
・外から訪れる(遊びに行く)人の視点
・その地で何か(ビジネスなど)をする視点
・その地を使って何か(同)をする視点
・第三者としての客観的な視点

それぞれの視点があるはずだ。

そしてそれは各地域地域で異なるはずである。

何故ならば、その地理的要件、そこに住む人、文化、歴史、風土、風習が
地域地域により異なるからである。

それらを一括りにし、平均的に見よう、比較しようというのは
本来ナンセンスなことである。

しかし、不思議なことを考える人がいて直ぐに比較をはじめる、
前例を気にする、とりあえずハコモノを用意する。(さすがに減ったが)


右へ習えや平均を取ること、比較は何ら意味を成さないのである。
かつてはそれでも一時的にうまくいくことはあったかもしれないが
その「地」が持つ本来の輝きを曇らせてしまっていることが多い。

隣の芝は青く見えるのは致し方ないことであるが
先人が残したであろうその「地」の本来のありのままの姿と
真正面から相対して物事を考えるべきではないだろうか。

考え抜いた時に一つの答えが導き出されるはずだ。

一括りで考えるのは止めよう。

既に活動している方々には当たり前のことかもしれないが
意外にやってしまう過ちでもある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。