記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直ぐに判断を先延ばしにするトップは・・・

大規模組織であれば部門のトップであっても
更なる上長の確認や他部門調整をはかるための
社内稟議も必要だろう。

しかし、中小規模の組織であれば話は違う。

一歩譲って独裁的企業は大規模組織と同じと考えたとしても
経営トップがこの姿勢となると目があてられない。
何も進まなくなるからだ。

でも意外と多いのが実態。。。

何故決裁者が判断できないのか?
明確な目的意識とビジョンを明確にできていないからだ。

この二つが明確であれば少なくとも判断はできる。
否、判断しなければならない。

無意味に先延ばしにしたところで基本的に答えは変わらない。
判断材料が同じなのだから。

判断できないもう一つの理由が責任を負えないというのもあるらしい。
が、トップとしては有り得ない。

全ての責任を負うのが数少ないトップの役割でもある。
それを放棄するなら辞めた方が良い。

と本人以外は思っていたりするのがこれまた実態なのだが
本人だけが気がついていなかったりする。

そこまで踏み込んで進言するには覚悟も必要だが
そんな人や組織に人生を賭けてくれるほど甘くはない。

もしもこれから組織を立ち上げるのならば、この人のためなら、
この組織のためならと思ってもらえる同志があつまるよう
自らの言動にはきをつけるべきだろう。

意外と周りは見ているものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。