記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章力、文章読解力

メールをはじめテキストベースでのコミュニケーションが
非常に増えている現在において、文章力、文章読解力不足で
あるが故にやり取りで苦労をしている人はいないだろうか。

面と向かっての会話の中では相手の表情がリアルタイムでわかるので
伝わっているかどうか、確認を含めその場でできてしまう。

メールではそのニュアンスがわかりづらい。

それを意識せずに会話の如く用件のみぶっきらぼうに書く人が
最近増えているように感じる。

テキストは時に独り歩きをする。
書いた本人が意図しない意味でとらえられ、広がる危険性がある。

行間を読むタイプの人であれば何とかつじつまを合わせて
解釈することも可能な場合もあるが、ストレートに解釈する人同士ならば
あっという間に原因不明のトラブルに発展する。

逆もしかり。
行間を読めない人に行間を読んでくれるだろう・・・と
淡い期待をしていると痛い目にあう。

会話では自然と相手の反応に合わせて対応することはできるが
テキストベースでは反応にタイムラグが生じることがあるのと同時に
想定外の返信が来ることがあり対応に苦慮することが多い。

文章力や文章読解力、行間を読む力や相手のタイプの見極めなどを含め
トータルでコミュニケーション力が足りないということなのかもしれない。

様々なコミュニケーション手法があるが、今後は益々テキストベースの
スキルが重要になるように感じている。

紙かデジタルかの媒体の違いはあったとしても
文章を読むということは心掛けた方が良いだろう。

文章を理解するには読む力が必要だ。
また、相手に伝えるためには書く力も必要だ。

書く力は読む力が無ければ身につかない。

更には読み手を意識して書くというところまでは
21世紀を生きていく上では最低限必要な力になるのではないだろうか。

無駄なやり取りの時間を過ごさないためにも。。。(経験者談)

いや~「言うは易し行うは難し」だなぁ。

あなたの周りではどうですか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。