記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震応援基金(日本財団CANPANプロジェクト)

東北地方太平洋沖地震の支援で、個人が直ぐにでもできることの一つが義援金です。

今も懸命の救助活動が進められていますが、今後の生活再建、地域の復興にも目を向ける必要があると思います。

生活再建や地域の復興には多額の費用が必要になりますし、人手も必要となりますが、今はまだ人的な支援を受け入れられる現地の体制が無い状況です。

ボランティアとして直接現地で活動をという方もいるかとは思いますが、現地でのボランティアの受け入れ体制が整うまでは、(もしくは自立的な団体として独自に活動できるレベルでなければ)、現地に入ってのボランティアというのは現時点では慎む方が現地のためだと思います。

ボランティア活動は、受け入れ体制が整ったタイミングで。(必要なことが明確になっってから)

寄付については皆さんご存じの「日本赤十字社」と共に「日本財団」という公益団体でも受け付けています。

日本赤十字は、3月13日2:30現在、関係者との調整中ということでインターネットサイト上に情報が掲載されていなかったので、取り急ぎ、以下には日本財団の情報を転載させていただきます。

日本財団
http://www.nippon-foundation.or.jp/

日本財団CANPAN
https://canpan.info/index_view.do


-----<以下、転載>-----
■災害支援基金へのご寄付をお願いします
■ 日本財団CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震応援基金
(2011年3月13日)
http://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html

■東北地方太平洋沖地震応援基金■
被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方々に対し、心よりお悔やみ申し上げます。

観測史上最大規模の地震が発生し、被害も過去最大級であるということが判明してまいりました。被害の本当の規模が見えてくるまでにはもうしばらくの時間がかかるものと思われます。

今、私たちにできる支援の有効な一つは、これから間違いなく必要となる復興に向けた資金的支援であろうとCANPANプロジェクトは考えます。

阪神淡路大震災などの大規模災害時、多額の善意による寄付が集まったにも関わらず、行政が対応できることには限界があり、制度的にも必要な時に必要な資金的支援はできないという苦い経験を私たちは知っています。

そこで、CANPANプロジェクトでは「民による民のための災害緊急応援基金」を立ち上げました。

また、同じCANPANネットワークでつながっている被災地で活動される皆さまの情報を集めた情報も提供を開始いたしました。

東北地方太平洋沖地震応援基金は、クレジットカードにて、一口 2000円から募金することが可能です。

今回の地震の被害にあった皆さんを応援するために活用させていただきます。
皆さん一緒に応援の輪を広げてください。

■募金はこちらからお願いいたします■
http://www.canpan.biz/products/detail.php?product_id=358

皆さまの力をお貸しください。

※頂戴した寄付につきましては、日本財団CANPANプロジェクトホームページ上で逐次、ご報告いたします。

【これまでのご寄付】 496件 3,145,000円(2011年3月12日 16時現在)
※本当に多くの方から、ご支援が集まってきております。
 心より御礼申し上げます。これらの善意は責任をもって最大限、活用させていただきます。
 活用内容は、後日、全てレポートさせていただきます。

-----<転載、以上>-----
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。