記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい社会的な役割(仕事・職種創り)

リーダーになりたがる人とぶら下がろうとする人が多数派なのでしょうか。

やりたいことが明確、我が強い人、成り上がってやろう、成功意欲が強い、自分でやらなければいけないと思い込んでいる人はリーダー志向でしょうか。

言われたことをそつなくやる、特に何かやりたいことがある訳ではない、責任は持ちたくないけど生活するためには仕事しないと・・・という人などはぶら下がり志向という感じでしょうかね。

その中で「中間の調整役」という役回りがあります。

この「調整役」は周りから見ると損な役回りのようですが、組織的に物事を動かす(プロジェクトを推進する)には欠かせない存在です。

かつ、かなりの各種専門スキルとストレス耐性が求められるので、未経験でもそれらが身につくやりがいのあるポジションです。

もっとも、経験上、待遇は滅茶苦茶酷いことが多いという実態もあります。

何故なら、「調整役」は、一つの仕事、職種として確立ができていないからです。

役割としては明確なのですが、既成概念に凝り固まった頭では理解ができないようです。

自らを磨きつつ社会のために動くためのノウハウを身につけたり、人を見る目を養う(といっても感覚的なものですが)には最高のポジションです。

心と体を壊さなければという前提が付く微妙なポジションですが、不遇を嘆かずに何事も愉しめる発想の人にはおすすめします。

30年後には一つの職業になっているかもしれません。

そんな、今は仕事や職種として認められていない役割を、仕事や職種として社会に認められるような環境を整備していくことも、これからの社会には必要なのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。