記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役割分担

何かを創る、変えるためには、まずは目の前のことを片付けることも重要です。
目の前のことが気になるうちはその先にも進めません


但し、目の前のことは必ずしも自分自身でやる必要がない場合も
あります。

役割を果たせる人の集合体であれば、目の前のことを綺
麗にしていく役割、創造する役割、組み立てて推進する役割、裏方として固める役割、それぞれが分に応じて役割を果たすことができればプロジェクトチームとして前に進められる確率が上がります。

この役割分担は言うほどうまく機能しません。

必ず隙間ができるの
で、その隙間を埋める普段は何をやっているかわからない人の存在も必要になりますが、今の日本では専門職として認められておらず、雑用係扱いになるのであまりやりたがる人がいません。できる人は大勢いるはずですが。

隙間を埋める人、頼れる人
がいない組織の方がチーム力は上がりますが、突破力はないことが多いようです。

隙間を埋める人、頼れる人がいる組織は、突破力は上がりますが、チーム力は上がらないことが
多いようです。

組織によってどちらが良いかは一概に言えないため(他のパターンもありますが)どちらも悩ましい現実として課題になっている組織や人が
いるのではないでしょうか。

▼原田光久/ネットいじめ対応アドバイザー・隙間プロデューサ
https://www.facebook.com/harada3213
https://twitter.com/harada
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。