記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNS等における写真・位置情報による情報流出

本人が気を付けていても、無頓着な人の写真に写り込んだりして流出というのも今は多い。

ICTリテラシーやモラルの基礎というものを多くの人が身に着けずに安易に使っている社会、犯罪者にとってはカモがそこらじゅうにいるようなもの。

道具(ツール)を使うことについて基本は自己責任なのだが、携帯電話会社やアプリ提供事業者側の社会的責任の希薄さも問題を拡大させている要素でもある。

今の社会で起こっている問題の深刻さを考えると単に個人だけの責任にはできない。
大人はともかく特に未成年の問題に関しては、家庭や学校で対処できるレベルを越えている。

技術の進歩に取り扱い側(主に指導者となる人たち)がついていけていないのだから、その社会的課題を解決するのは、その道具を提供している事業者が何割かは果たすべきだ。

なんちゃら講座や教室みたいな申し訳なさ程度のことは熱心にやっているが、「このレベルまでいかなかったら(自社サービスですが)使わないでください」とまで言い切れるかどうか。

専門性の高いことを素人に自己責任とするのはリスキーだ。

本当に基礎的なことだけでも購入時のリテラシー確認したり、毎年リテラシーチェックで機器(主にアプリ)の利用をある程度制限できるような利用免許更新制にするなどしないといけないのだろうか。

そうしなくてもよい対策をそれこそ官民で取り組めるとよいのではないかと最近強く思う。

まぁ、行政も民間も数々の団体が立ち上がっていて、まともに横連携できていないのが実態で、教育現場もどこに何を依頼すれば今の学校にとってよいのか?がわからない状況では、当面この問題が解消することはない。

私的な思惑を捨てて公的な思惑で動くことが必要なのだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。