記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロ発生時の対応ガイドブック(英国版)

英国のガイドブックが公開されているそうです。

★まず「逃げろ」

これに尽きるようです。

ポイントは3つあるようです。
 (1) 逃げる
 (2) 隠れる
 (3) 伝える

以下、それぞれの項目について詳しく補足説明されています。
一部引用(記事からの転載)です。

(1) 大急ぎで逃げる
・もし可能なら、逃げ出す
・最も安全な選択肢を考える
・安全なルートがあるか? あれば走る、なければ隠れる
・さらなる危険に身をさらすことなく、そこまでたどりつけるか
・他の人にも一緒に逃げるよう強く言って聞かせる
・持ち物は置いていく

(2) 隠れる
・もし逃げられなければ、隠れる
・襲撃者が見えているということは、逆に彼らから見つけられる可能性もある
・頑丈なレンガ造りの壁やしっかりと補強された壁など銃撃を避ける遮蔽(しゃへい)物を見つける
・出口を確認する
・捕まらないようにする
・静かにする。携帯電話の音を切る
・鍵をかけ、立てこもる
・ドアから離れる

(3) 伝える
・警察に電話する:警察に何を伝えればいいのか?
・場所:容疑者はどこにいるのか?
・移動経路:容疑者を最後に見たのはどこか?
・描写:襲撃者の人数、特徴、衣服、武器を説明すること
・さらなる情報提供:被害者、けがの種類、建物の情報、入り口、出口、人質の有無
・そして、もし安全に行えるなら、他の人々が建物の中に入ってこないようにする

■まず「逃げろ」、テロが起きたらすべきこと 英ガイドブック
2015.11.24 Tue / CNN.co.jp
http://www.cnn.co.jp/world/35073903.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。