記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

感情論の人への対応

直ぐに感情的、感情論になる人を相手にしている方々の苦悩を聞く機会が増えています。皆さん口を揃えて「時間がもったいない」「議論すれば一つ一つ解決に近づくのに議論できないからいつまでと一つも解決しない」と仰いますが、その通りです。その意見には完全同意なのですが、そうは言ってもその状況で前に進めるのが役割の人が泣き言をいっていても何も解決に繋がりません。感情論でしか話ができない人を飛ばしても進むことなら...

続きを読む

子育て支援の原点

子育て支援、時短勤務などの制度については、義務教育終了時まで、段階的かつ家庭の事情を考慮するということで対応できる柔軟性を持たせると効果的と思います。原点に企業側(上司同僚含む)の理解が進まねば、今の地域社会が崩壊している日本の少子化問題解決の起爆剤にはならないでしょう。子育てをしたことがあればわかる苦労について理解していない人、恵まれた環境にいる人たちが中心になり制度作りをすることが間違っていま...

続きを読む

類は友を呼ぶ

プラス思考にはプラス思考の人が、マイナス思考にはマイナス思考の人が引き寄せられます。実践してみるとよーくわかります。マイナス思考の人は自分と同じような思考の人には理解してもらえるという勘違いをします。実際には他人の思考を理解できる人などは職業としてそういう仕事をしている僅かな人だけです。多くは合わせているだけ、傷をなめあって「あー不幸なのは自分だけではないんだぁ」と安心しているだけで、理解には至っ...

続きを読む

トップは社員の前ではプラス思考であれ

組織のトップや人の上に立つ役職に就く人は社員の前ではプラス思考でいることが組織を腐らせないポイントです。・トップ自らが社内に対して不安を口にすれば現場も不安になる。・トップ自らが社内に対して不満を口にすれば現場も不安に不満を口にする。・トップ自らが社内に対して他のスタッフの不平を漏らせば現場もそのスタッフの不平をあることないこと言い出す。トップというのは規模が大きければ部長クラス、チームリーダーク...

続きを読む

コーディネーターの存在意義(2013/8/18の記事)

情報リサーチをしていたら、たまたま自分が投稿した過去記事を見つけました。---<ここから>---13-08-18コーディネーターの存在意義「間で価値を生み出すコーディネーター」日本ではこの手の役割をビジネスとして捉えにくい風潮が強く、どうしてもボランティア依存になります。しかし、これからの時代は、モノ作りや加工、サービスの提供と同じレイヤーで「コーディネート」というものが語られるようになると感じています。コーデ...

続きを読む

Profile

hikariba

Author:hikariba
●ネットいじめ・SNS等のネットトラブル予防対策・子どものネット人権対策専門家(ネットいじめ対応アドバイザー、子ども安全管理士、e-ネットキャラバン認定講師)
●ICT教育アドバイザーとして、情報モラル教育、教職員向け人権研修、子育ての親子コミュニケーションのツボをテーマにした講演・研修で1万人以上が受講。
●マーケティング顧問として日本酒復権プロジェクトや一次産業収益化のマーケティング戦略策定、観光収益向上のマーケティング戦略立案に携わる。
●問題のプロファイリングから解決プロジェクトの企画・推進まで一緒に取り組み、問題解決へと導きます。
●ひかりば代表/スターウェイズ(株)取締役/(株)生活科学研究所 主席研究員/西東京市社会教育委員
●連絡先: harada[アットマーク]hikariba.com ※「@」に変更してください
http://www.hikariba.com/

お問合せ・ご相談

お気軽にご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

hikariba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。